So-net無料ブログ作成

<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)

 愛知県弁護士会は6日、弁護士報酬を過大に受け取ったとして、同会所属の深見章弁護士(66)を業務停止4カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は2日付。

 同会によると、深見弁護士は04年8月、強制わいせつ事件の被告の父親から弁護依頼を受け、弁護活動時間1時間当たり5万円の報酬で合意。その際、100時間以内で終了するとの見通しを伝えながら400時間を超え、05年6月までに計5回にわたり、計約2192万円の報酬を受け取った。【式守克史】

【関連ニュース】
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山
詐欺:弁護士を逮捕…接見回数水増し報酬詐取容疑 岡山
脱税容疑:弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円
日弁連:「第三者委」でガイドライン
弁護士:09年の懲戒処分76件 過去最多に

地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
<アーチェリー事故>矢を放った男子生徒を書類送検(毎日新聞)
年金追納期間を10年に延長、改正案を閣議決定(読売新聞)

ゆるキャラ「あわじい」は3100歳 兵庫・淡路島(産経新聞)

 兵庫県の淡路島に新しい“ゆるキャラ”が誕生した。元気で長生きなおじいちゃんをイメージした「あわじい」。島内外のイベントなどに出演し、淡路島をPRする。

 食育や食の多様化について提案するスローフード淡路島(事務局・大阪府府豊中市)のマスコットキャラクターで、南あわじ市出身のアーティスト、ヨシカワショウゴさん(29)がデザインした。淡路島の自然の豊かさを表現して緑色をしている。

 <淡路島が生まれるちょっと前に淡路島の上空の雲の上で生まれた。推定年齢3010歳。世界中を旅しているので淡路弁は得意でない。趣味は散歩、ワッペン集め、魚釣り、パソコン、お祭り>という設定。

 ヨシカワさんは「仙人をイメージしてつくった」、広報担当者は「あわじいを通じて、お年寄りの経験の大切さを伝えられれば」と話していた。

【関連記事】
ゆるキャラ海外デビュー 香港のパレードで
ひこにゃんに全国のファンからバレンタインチョコ
せんとくんに蓮花ちゃんからチョコケーキ
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
非常食持つゆるキャラ…「さばトラななちゃん」小浜市が公認
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<普天間移設>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調(毎日新聞)
<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
【WEB人】芸能リポーター・梨元勝さん(65) 携帯で生放送ワイドショーを(産経新聞)

路上で男性殴る 傷害でボクシングジム経営者逮捕(産経新聞)

 路上で男性を殴り負傷させたとして、警視庁荻窪署が傷害容疑でボクシングジム経営の男を逮捕していたことが26日、同署への取材で分かった。逮捕されたのは東京都江戸川区鹿骨、「勝又ボクシングジム」経営、勝又洋容疑者(48)。同署によると「口論になり殴ってしまった」と容疑を認めている。

 同ジムによると、勝又容疑者は、元東洋ジュニアライト級チャンピオンで同ジム会長の行雄氏(75)の長男。ジムの運営に携わっていたが、プロライセンスは持っていないという。

 逮捕容疑は昨年6月26日午前1時半ごろ、杉並区上井草の路上で、口論となった50代の男性を押し倒して馬乗りになり、顔面を殴って顔や肩に打撲を負わせたなどとしている。

 同ジムは「事実関係を含めてコメントできない」としている。

【関連記事】
「マラソン遅い」と鉄パイプで小1長男殴る、父親逮捕
授業中に将棋を指し、注意されて教諭殴る 容疑の中2男子逮捕
同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕
大阪の女性殺人で逮捕の男「酔わせて殴った」
妻の妹を殴り死亡させる・傷害致死容疑で夫婦逮捕 広島

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)
警部補を書類送検=妻に個人情報漏らす−静岡県警(時事通信)
同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
岡田外相「すぐにレスキューを出したりする状況はない」 チリ大地震(産経新聞)
<野党>民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判(毎日新聞)

個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝−集中審議(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午後の衆院予算委員会の集中審議で、民主党が2010年度予算案の審議中に、個別公共事業の予算配分(個所付け)を地方組織に通知していた問題に関し、「直接、地方自治体に伝わるべき情報が党に行って、党(都道府県連)から伝わったことは甚だ遺憾だった」と陳謝した。中島隆利氏(社民)の質問に答えた。 

軽い気持ちで… 大麻少年の具体的事例(産経新聞)
スカイネット航空、点検漏れで厳重注意(読売新聞)
ダン・ガーニー
衆院予算委、自民抜きで進行(産経新聞)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)

津波20センチ観測で一喜一憂 岩手・大船渡(産経新聞)

 20センチの津波を観測した岩手県大船渡市の漁港では、漁師らが海岸から5メートルほどの堤防上に集まり、心配そうに海面を見つめた。

 午後2時半ごろ、堤防の潮位計が動き始めると、「来た、来た」と不安な声。20分ほどの間に20センチ潮位が上がった後は徐々に下がり、「良かったな。(津波は)小さいぞ」などと安堵(あんど)の声に変わった。

 同市赤碕町の漁業者の70代男性は「昭和35年のチリ地震津波では、家が土台ごと流された。最近では防潮堤も整備されているので大丈夫だとは思うが心配で思わず来た。船は沖に逃げられるが、カキなどの養殖イカダがやられてしまう。このまま被害がでなければいいが…」と落ち着かない様子だった。

 別の50代男性は「市内には防潮水門が8カ所設置されているが、まだ工事中で抜けている個所がある。本当の大津波が来たら再び被害が出ないとはいえない」と話していた。

【関連記事】
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡

元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる−福岡(時事通信)
<雑記帳>ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
首相動静(2月21日)(時事通信)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)

<枝野担当相>フリー記者に会見開放へ(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は26日の記者会見で、フリーランスの記者にも開放した記者会見を、3月から原則週1回開くと表明した。記者会見は枝野氏の主催で、日本新聞協会や日本外国特派員協会会員などの記者のほか、各メディアに一定程度の記事を提供したフリーの記者が参加できるようにするという。

 鳩山内閣では、岡田克也外相や原口一博総務相が記者会見をオープンにしている。亀井静香金融・郵政担当相は昨年10月以降、金融庁記者クラブの記者会見後に、雑誌やフリーの記者らを対象に会見を行っている。民主党の小沢一郎幹事長もフリー記者の出席を認めており、記者会見開放の動きが広がっている。【影山哲也】

【関連ニュース】
民主党:「七奉行」長崎知事選敗北で発言
枝野行政刷新相:「法令解釈も私にご相談を」活動を本格化
枝野行政刷新相:法令解釈担当に 鳩山首相の意向で
枝野行政刷新相:4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負
枝野幸男氏:行政刷新担当相に就任 鳩山内閣、閣議決定で

瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
<五輪スピード>高木選手「空回り」 岡崎選手「次」に意欲(毎日新聞)
09年の医療・福祉の賃金0.7%減―厚労省(医療介護CBニュース)
愛知県警警部補を逮捕=事件被害者にわいせつ容疑(時事通信)
<鳩山首相>米「アショカ財団」創設者と意見交換(毎日新聞)

ネズミがコードかじる?豚舎全焼、375頭焼死(読売新聞)

 22日午前1時55分頃、愛知県田原市南神戸町の豚舎から出火、木造平屋豚舎約470平方メートルを全焼し、豚375頭が焼死した。

 田原署の発表によると、出火当時、豚舎では子豚の暖房用としてガスヒーターをつけていたという。所有者の福井一夫さん(74)は「時々、ネズミがヒーターなどのコードをかじることがあった」と話しており、同署で出火原因を調べる。

知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)
<いすゞ>4車種リコール いずれも圧縮天然ガス車(毎日新聞)
府市再編、溝深く 橋下知事「辞任も」 政治グループ過半数割れなら(産経新聞)
<千葉大生殺害>竪山容疑者を送検(毎日新聞)
紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過(産経新聞)

府市再編 橋下知事「ひとつの大阪」Vs「大都市圏州」市長(産経新聞)

 橋下徹知事は大阪府と大阪市を一体化させる再編案「ひとつの大阪」構想を提唱する半面、平松邦夫市長は、政令市の権限を拡大する「大都市圏州」を目指すと表明。都市のあり方をめぐる両者の方向性は真っ向から対立している。

 橋下知事の提案では、府と市町村を広域行政体と基礎自治体に再編。空港や港湾といった広範囲にかかわる事業は広域行政体が担当し、住民サービスは人口30万人規模の基礎自治体が行うという。大阪市をなくし、東京のような特別区をつくる「大阪都構想」が底流にあり、統一庁舎は府が購入したWTCに設置。市役所の建物をオペラハウスなどとして活用する構想まで披露している。

 一方、平松構想は政令市の権限を強化し、近隣自治体とともに「大都市圏州」という行政体を目指す内容で、府からの独立をイメージしている。

 道州制への移行を想定し、大阪市と周辺市が合併して大都市圏州を設置。道州の傘下には入らず、国と直接やりとりする関係をつくる構想だ。大阪市単独の考えではなく、横浜や名古屋両市といった国内の大都市とともに検討してきた都市制度の議論が背景にある。

【関連記事】
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に 
「パーフェクトな予算」橋下知事が自画自賛
新エネルギー産業に1億7800万円 大阪府当初予算案
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
小泉首相並み人気?橋下メルマガ100号 都道府県トップ読者数

不審死・大出さん、端緒のブログに追悼相次ぐ(読売新聞)
民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)
自民、審議拒否の方針を確認 午後の本会議も欠席(産経新聞)
「いまだに辛い…」イージス艦あたご 海難事故から2年(産経新聞)
消費税 「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)

<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)

 政府は19日の閣議で、政権交代が決まった衆院選直後の昨年9月1日、麻生前政権の河村建夫官房長官(当時)が2億5000万円の内閣官房報償費(官房機密費)を引き出したことについて「それまでの支出の態様とは異なるものと言わざるを得ない」と指摘した答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地代表)の質問主意書に答えた。

 平野博文官房長官は昨年11月、国庫から歴代官房長官に支払われた官房機密費の金額を公表。毎月の請求額は平均1億円で、その2.5倍に達する駆け込み支出が明らかになっていた。答弁書は「河村長官の判断により執行されたものであり、その個別具体の判断の適否については、現内閣としてお答えする立場にない」としている。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
郵政:654人天下り 公益法人の役職員3分の1
竹島問題:米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で
万歳三唱:「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定
官房機密費使用:「河村氏の判断」との答弁書を閣議決定
平野官房長官:外交機密費上納、官邸の調査不能

<義足>風呂敷応用、安価に 島根の装具メーカーが開発(毎日新聞)
ソーセージに禁止牛肉混入=オーストリア産豚肉を輸入停止−農水省(時事通信)
埼玉・富士見で住宅火災、2遺体見つかる(読売新聞)
普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立(J-CASTニュース)
ハイチ大地震 陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。