So-net無料ブログ作成

ゆるキャラ「あわじい」は3100歳 兵庫・淡路島(産経新聞)

 兵庫県の淡路島に新しい“ゆるキャラ”が誕生した。元気で長生きなおじいちゃんをイメージした「あわじい」。島内外のイベントなどに出演し、淡路島をPRする。

 食育や食の多様化について提案するスローフード淡路島(事務局・大阪府府豊中市)のマスコットキャラクターで、南あわじ市出身のアーティスト、ヨシカワショウゴさん(29)がデザインした。淡路島の自然の豊かさを表現して緑色をしている。

 <淡路島が生まれるちょっと前に淡路島の上空の雲の上で生まれた。推定年齢3010歳。世界中を旅しているので淡路弁は得意でない。趣味は散歩、ワッペン集め、魚釣り、パソコン、お祭り>という設定。

 ヨシカワさんは「仙人をイメージしてつくった」、広報担当者は「あわじいを通じて、お年寄りの経験の大切さを伝えられれば」と話していた。

【関連記事】
ゆるキャラ海外デビュー 香港のパレードで
ひこにゃんに全国のファンからバレンタインチョコ
せんとくんに蓮花ちゃんからチョコケーキ
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
非常食持つゆるキャラ…「さばトラななちゃん」小浜市が公認
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<普天間移設>「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調(毎日新聞)
<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で(産経新聞)
【WEB人】芸能リポーター・梨元勝さん(65) 携帯で生放送ワイドショーを(産経新聞)

路上で男性殴る 傷害でボクシングジム経営者逮捕(産経新聞)

 路上で男性を殴り負傷させたとして、警視庁荻窪署が傷害容疑でボクシングジム経営の男を逮捕していたことが26日、同署への取材で分かった。逮捕されたのは東京都江戸川区鹿骨、「勝又ボクシングジム」経営、勝又洋容疑者(48)。同署によると「口論になり殴ってしまった」と容疑を認めている。

 同ジムによると、勝又容疑者は、元東洋ジュニアライト級チャンピオンで同ジム会長の行雄氏(75)の長男。ジムの運営に携わっていたが、プロライセンスは持っていないという。

 逮捕容疑は昨年6月26日午前1時半ごろ、杉並区上井草の路上で、口論となった50代の男性を押し倒して馬乗りになり、顔面を殴って顔や肩に打撲を負わせたなどとしている。

 同ジムは「事実関係を含めてコメントできない」としている。

【関連記事】
「マラソン遅い」と鉄パイプで小1長男殴る、父親逮捕
授業中に将棋を指し、注意されて教諭殴る 容疑の中2男子逮捕
同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕
大阪の女性殺人で逮捕の男「酔わせて殴った」
妻の妹を殴り死亡させる・傷害致死容疑で夫婦逮捕 広島

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)
警部補を書類送検=妻に個人情報漏らす−静岡県警(時事通信)
同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
岡田外相「すぐにレスキューを出したりする状況はない」 チリ大地震(産経新聞)
<野党>民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判(毎日新聞)

個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝−集中審議(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午後の衆院予算委員会の集中審議で、民主党が2010年度予算案の審議中に、個別公共事業の予算配分(個所付け)を地方組織に通知していた問題に関し、「直接、地方自治体に伝わるべき情報が党に行って、党(都道府県連)から伝わったことは甚だ遺憾だった」と陳謝した。中島隆利氏(社民)の質問に答えた。 

軽い気持ちで… 大麻少年の具体的事例(産経新聞)
スカイネット航空、点検漏れで厳重注意(読売新聞)
ダン・ガーニー
衆院予算委、自民抜きで進行(産経新聞)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)

津波20センチ観測で一喜一憂 岩手・大船渡(産経新聞)

 20センチの津波を観測した岩手県大船渡市の漁港では、漁師らが海岸から5メートルほどの堤防上に集まり、心配そうに海面を見つめた。

 午後2時半ごろ、堤防の潮位計が動き始めると、「来た、来た」と不安な声。20分ほどの間に20センチ潮位が上がった後は徐々に下がり、「良かったな。(津波は)小さいぞ」などと安堵(あんど)の声に変わった。

 同市赤碕町の漁業者の70代男性は「昭和35年のチリ地震津波では、家が土台ごと流された。最近では防潮堤も整備されているので大丈夫だとは思うが心配で思わず来た。船は沖に逃げられるが、カキなどの養殖イカダがやられてしまう。このまま被害がでなければいいが…」と落ち着かない様子だった。

 別の50代男性は「市内には防潮水門が8カ所設置されているが、まだ工事中で抜けている個所がある。本当の大津波が来たら再び被害が出ないとはいえない」と話していた。

【関連記事】
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡

元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる−福岡(時事通信)
<雑記帳>ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
首相動静(2月21日)(時事通信)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。