So-net無料ブログ作成

<訃報>石井米雄さん80歳=京都大名誉教授(毎日新聞)

 石井米雄さん80歳(いしい・よねお=京都大名誉教授、東南アジア史専攻)12日、急性肝不全のため死去。葬儀は近親者だけで済ませ、おくる会を後日開く。喪主は長男正(ただし)さん。

 1955年外務省入省。退職後、上智大教授、神田外語大学長などを歴任。00年、文化功労者。京都大教授時代、来日したミャンマーの民主化活動家アウンサンスーチーさんの研究を手助けした。

作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒−風聞・田中正造」など(産経新聞)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
ハイチPKOの派遣部隊1陣が出発 首相「誇りを胸に」 (産経新聞)
岐阜市長に細江氏4選(時事通信)
禁止案の採否は「微妙な差」=クロマグロ取引維持に全力−赤松農水相(時事通信)

「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴された小沢氏の元秘書で同党の衆院議員、石川知裕被告(36)は9日、保釈後初めて北海道帯広市で記者会見し「離党や議員辞職はせず、職責を果たしたい」と述べ、議員活動を続ける意向を表明した。

  [記事&写真]特集「陸山会」事件

 石川被告は会見で「(5000万円の裏金を石川氏に手渡したとされる)水谷建設から現金を受領したことはなく、意図的に虚偽の収支報告をしたこともない」とも述べた。

【関連記事】
石川被告の進退で「党の判断も」 鳩山首相が予算委で言及
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認
社民・照屋氏「石川被告は自発的辞職を」
党利党略が最優先!?民主、石川被告を徹底擁護のワケ

静岡のビジネスホテルで火災、客ら50人避難(読売新聞)
日航株、6議員が保有=株主優待で節約狙ったが…−衆院資産公開(時事通信)
堺市職員、盗撮で現行犯逮捕=大阪府警(時事通信)
平野官房長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」(産経新聞)
小沢氏続投「甘すぎる」、野党強く批判(読売新聞)

<JR京浜東北線>男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響(毎日新聞)

 4日午前10時半ごろ、東京都大田区大森西1のJR京浜東北線新田踏切で、男性が大宮発蒲田行き普通電車(10両編成)にはねられた。男性は意識不明の重体。警視庁大森署によると、事故の直前、男性が線路内に入り横たわる姿が目撃されているという。この事故で、同線と東海道線で5本が運休、40本が最大76分遅れ、約3万4000人に影響が出た。【堀智行】

【関連ニュース】
東京メトロ:有楽町線で火花 一時運転見合わせ
鉄道事故:男子高校生はねられ死亡 千葉のJR成田線踏切
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:特急と軽自動車が衝突し1人死亡 JR奥羽線
記者の目:失敗から学び、再発防ごう 佐々木洋

小学生の列に車、5人負傷=茨城(時事通信)
田村参院議員 民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)
<交通事故>京都のドトール、車突入4人けが 容疑で運転手逮捕(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か−山口・美祢(時事通信)
埼玉県警初、山口組総本部を家宅捜索 暴力団抗争事件で(産経新聞)

<本埜村長選>五十嵐勇氏当選…任期はわずか43日間(毎日新聞)

 前村長のリコール(解職請求)成立に伴う千葉県本埜村長選が7日投開票され、元村長の五十嵐勇氏(59)が元栄町職員の馬場正実氏(54)を破り、通算4回目の当選を果たした。

 本埜村は3月23日に印西市、印旛村と合併して消滅するため、新村長の任期は43日間。村民からは「選挙をやる必要があるのか」「税金の無駄」などと疑問の声も出ていた。投票率は55.52%と村長選では異例の低さだった。

 “最後の村長”の主な仕事は、最後の村議会の招集など。当選した五十嵐氏は記者会見で「滞っている合併協議を進め、わだかまりなく新市に受け入れてもらいたい」と話した。

 任期途中から合併の準備作業を拒み、リコールされ失職した前村長の小川利彦氏(63)は立候補しなかった。【斎川瞳】

【関連ニュース】
本埜村:合併で消滅、新村長の任期は43日…2月2日告示
選挙:千葉・本埜村長選 リコール→選挙→合併 村長、任期は43日−−来月2日告示
読谷村長選:きょう投開票 午後11時ごろまでに判明
選挙:大川村長選 元職・新人、一騎打ちか−−あさって告示 /高知
選挙:西目屋村長選 無投票の公算−−9日告示 /青森

すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収−木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)
ラジオ体操帰りの高齢女性狙う=ひったくり容疑で中学生2人逮捕−警視庁(時事通信)
「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」 華やかな金冠に感嘆(産経新聞)
<殺人>石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)
<公設派遣村>退所後に住まい確保、502人(毎日新聞)

<名古屋・熱田のひき逃げ>運転は美濃加茂の男 車窃盗未遂容疑、同乗の日系人逮捕(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道1号交差点で1日未明、信号待ちの男女3人が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、愛知県警熱田署特別捜査本部が運転者を岐阜県美濃加茂市在住のブラジル人の男とほぼ特定したことが県警への取材で分かった。特捜本部は道路交通法違反(ひき逃げ)や自動車運転過失致死容疑で男の行方を捜している。また事故車の同乗者とみられる愛知県在住の日系ブラジル人の男(32)を別の窃盗未遂容疑で逮捕し、3日午前、名古屋地検に送検した。

 捜査幹部によると、逮捕した男の供述などから運転者をほぼ特定した。事故車に乗っていた男女4人はいずれもブラジル人という。車の運転席付近からは血痕が見つかっており、運転者がけがをしている可能性もある。

 一方、逮捕した男の容疑は1月31日午後6時〜2月1日午前9時半の間に、熱田区内の店舗駐車場に止まっていた軽乗用車を盗もうとしたとしている。男は1日夜に名古屋市内の交番に出頭し、2日未明に逮捕された。男は容疑を認め「ひき逃げ事故の報道を見て怖くなった。自分は事故にかかわっている」と供述しているという。窃盗未遂の現場は事故現場から約500メートル。

 特捜本部はこの男が同乗者と確認された場合、ひき逃げなどのほう助や教唆の適用を視野に調べる。男は、車内から押収された携帯電話を使用していたとみられる同県小牧市の30代のブラジル人とは別の男という。車内からは複数の指紋が採取されており、うち一つは逮捕された男の指紋だった。【山口知、中村かさね】

皇居ランナー、マナー守って…5か所に立て看板(読売新聞)
愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)
目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明−秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)
<知的障害者「基礎年金」>継続就労で相次ぐ減額や支給停止(毎日新聞)
<日本相撲協会>朝青龍関に理事会への出席要請へ(毎日新聞)

日航株、6議員が保有=株主優待で節約狙ったが…−衆院資産公開(時事通信)

 民主、自民両党の6人が、1月に経営破綻(はたん)した日本航空の株式を昨年8月30日の衆院選時に保有していた。多くは選挙区が東京から遠く、普通運賃の約半額で搭乗できる株主優待制度を利用し、秘書や家族らの交通費を節約していたようだ。衆院選当時、株価は170円だったが、5日の終値は1円。20日の上場廃止を前に、今なお5人が保有している。
 保有最多は民主党の松本龍氏(福岡1区)の3万4713株で、「株主優待を利用していた」(事務所)。次が自民党の伊藤良孝氏(北海道7区)の1万株。事務所は「地元釧路空港に就航しており、日航への応援が目的」という。自民党の鳩山邦夫元総務相(福岡6区)は945株保有。多くの秘書を抱え、買い足すことも考えていたが、「増やさないで良かった」と安堵(あんど)の表情だ。
 唯一売却したのは民主党の津島恭一氏(比例東北)。2005年に落選し、無料で搭乗できる議員パスを失って以降、東京と地元青森の往復に株主優待割引を利用し、節約に努めた。返り咲いた後も4000株を保有し、株価下落を受けて1月中旬に売却したが「90万円損した」(事務所)という。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

ビアだる1万5000個窃盗か=転売目的、男を逮捕−警視庁(時事通信)
<雑記帳>バレンタインにカカオ焼酎(毎日新聞)
高速道路無料化路線、1626km(レスポンス)
生後数日の女児を玄関先に置き去り 東京・大田区 (産経新聞)
<航空トラブル>NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)

石川被告らの政治資金規正法違反は「実質犯」 動機は悪質(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の現・元秘書3人が摘発された政治資金規正法違反事件。検察当局は近年、「政治とカネ」の不正行為について規正法を積極的に適用する傾向を強めている。政界捜査で規正法違反は形式的に法規に違反しているだけの「形式犯」と軽視されがちだったが、情報公開の流れが強まる中、動機に悪質性があるケースは事実上の「実質犯」とみているからだ。

 規正法は昭和23年に議員立法で成立。政治腐敗防止のため、国民に政治資金の監視を委ねようという趣旨だった。しかし、検察当局による政界捜査では長年、「カネの趣旨」を問う実質犯の贈収賄を重視する傾向が強く、規正法の適用には消極的だった。

 契機となったのは、平成4年の金丸信・元自民党副総裁(故人)の5億円ヤミ献金事件。当時量的制限違反の最高刑が20万円ということもあり、本人の事情聴取などを行わず略式起訴で決着させたことが国民の批判を浴び、罰則強化や献金の公開基準引き下げを盛り込んだ6年の大幅な法改正につながった。政党助成法も施行され、政治資金に税金が使われるようにもなり、国民の目も厳しくなった。

 規正法で最も重い虚偽記載罪の罰則は、禁固5年以下100万円以下の罰金で、単純収賄罪の懲役5年以下と比べても微罪とはいえない。検察幹部は「国民の意識が変わり、情報公開が社会のルールとなって規正法の重要性が高まった」と話す。

 一方で、全国で約7万もある政治団体の会計処理を一つひとつチェックすることは困難だ。検察当局は摘発に際し、動機や悪質性を基準にしてきた。

 15年に初めて規正法違反容疑だけで逮捕された坂井隆憲前衆院議員は「わいろに近い性格」を持ったヤミ献金を隠し、隠蔽(いんぺい)工作を会計責任者に指示していたことが、悪質と判断された。また、昨年3月の西松建設事件では「裏の金」を「表の金」に偽り、東北地方の公共工事受注を期待したものだったとして、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)が逮捕、起訴された。

 今回の事件でも、4億円もの原資不明の資金を隠すために偽装工作を行うという悪質性が問われた。

 検察幹部は「収支報告書は国民が選挙で投票する際の重要な判断材料となる。その収支報告書に虚偽の記載をすることは国民を欺く行為で事実上の実質犯といえる。『形式犯だ』と言い切る政治家だけが分かっていない」としている。(上塚真由)

【関連記事】
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

<千葉県警>不正5億7000万円に 6年間で(毎日新聞)
首相動静(2月3日)(時事通信)
国会で説明「小沢氏が判断」=参院でも代表質問−首相(時事通信)
<さっぽろ雪まつり>大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
<陸山会事件>石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」(毎日新聞)

<交通事故>京都のドトール、車突入4人けが 容疑で運転手逮捕(毎日新聞)

 3日午前11時20分ごろ、京都市左京区岡崎東天王町のガソリンスタンドに併設されているドトールコーヒーショップエッソ天王町店に個人タクシーが突っ込み、店内にいた客4人が軽傷を負った。京都府警川端署は運転手の山本美良雄容疑者(77)=同区=を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕した。

 山本容疑者は「車止めに乗り上げたのでブレーキを踏もうとしたが、間違えてアクセルを踏んでしまった」と話しているという。

 負傷者は56〜60歳の男性3人と女性1人で、いずれも軽傷。店の話では、当時十数人の客がいた。タクシーは正面のガラスを突き破り、店内にすっぽり入って止まったという。【橘建吾、成田有佳】

<AED>日本光電工業が自主回収 米国製405台(毎日新聞)
<五輪招致委>敗因は「日本人トップの競技団体なく」(毎日新聞)
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ(医療介護CBニュース)
子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索−町村会汚職・福岡県警(時事通信)

神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)

 国歌斉唱時に起立しない教職員の氏名を収集していることについて神奈川県教委は2日、定例会を開き、氏名収集を継続する方針を決めた。神奈川県個人情報保護審査会は先月20日、収集した氏名などを、県条例が原則禁じた「思想信条の個人情報」として利用停止を求める2度目の答申を出していたが、県教委は「職務上の情報として把握する必要がある」などと判断した。

 不起立教職員の氏名収集は県教委が平成18年3月の卒業式から実施し、教職員から申し立てを受けた県個人情報保護審査会が翌19年、氏名の利用停止を答申。県教委は収集した氏名をいったん破棄したが、その後も氏名収集を継続したため教職員側が利用停止を再請求していた。

 この日の定例会で、県教委は「学習指導要領に基づき国旗国歌を尊重する態度を身につけることは学校教育で重要な意義をもつ」とし、不起立教職員の氏名収集についても「服務に対する指導を行う立場から、職務上の情報として把握する必要がある」などと判断した。

 県教委の今回の判断について、氏名収集された男性教員(60)は「思想信条の情報であることが議論されず、納得できない」と批判している。【関連記事】

元教職員側が逆転敗訴 「職務命令は思想信条の自由を侵すものではない」 東京高裁判決
日教組教研集会閉幕 「平和、人権」アピール発表 
政権交代後、日教組は変わったのか
国旗、国家 現状問うメール 書籍めぐり 府教委、全校長あてに
国旗・国歌 新政権も「尊重」は当然だ

輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る−新型インフル(時事通信)
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑−神奈川県警(時事通信)
「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑−警視庁(時事通信)
<火災>給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
朝青龍 聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。